日本神経科学学会

menu
EN
ランチョン大討論会

脳科学は次の10~20年に何をどう目指すべきか?

日時:7月29日(日)12:00-14:00 ※お弁当付き

会場 : 第3会場(神戸国際会議場 レセプションホール)

 近年、遺伝子編集技術、光遺伝学、ブレインマッピング、単一細胞シークエンシング、ディープラーニングなど、さまざまな新しい技術が開発され、神経科学研究が大きく進展しています。このように研究が高度化・大型化される一方で、個々の研究者が何をどのように研究するのかという問題が議論されるようになってきました。また基礎科学の成果を臨床医学や社会科学、あるいは企業と連携して社会に役立てていくためにはどのようにすれば良いのでしょうか?日本の脳科学研究は次の10~20年に何をどう目指せば良いのでしょうか?

 これまで、このような問題は日本神経科学学会を初めとする脳関連の諸学会、それをとりまとめる日本脳科学関連学会連合、あるいは日本学術会議などで議論が行われてきました。その結果の一部は文部科学省の脳科学委員会での検討を踏まえて、トップダウン型の「戦略的脳科学研究」として反映されてきました。

 本ランチョン大討論会では、このようなこれまでの枠組みを簡単に紹介するとともに、来る10-20年のタイムスパンで日本の脳科学を発展させていくには何を、どう目指せばよいのか、若手も含めた研究者に意見を出していただき、ホンネでの議論を行います。

主催:研究体制・他学会連携委員会

後援:日本脳科学関連学会連合・JST 研究開発戦略センター(CRDS)

企画:宮川 剛、小清水 久嗣(藤田保健衛生大学)、柚﨑通介(慶應義塾大学)